ニュースの解説

異常はないのに調子が悪い…誰にでも起こりうる『自律神経の乱れ』について

更新日:

■自律神経とは・・・

自律神経は、反射的、自動的に働く神経であり、胃腸の働きや代謝、体温調節など人が生命を維持するために意志とは無関係に常に働いている神経です。外部から受ける気温・湿度の変化や活動の種類に合わせ、体内が適切に働くように調整する役割があります。

自律神経には『交感神経』と『副交感神経』があります。交感神経と副交感神経は互いに相反するように働きます。簡単に言いますと交感神経は、主に活発な状態や興奮した状態のときに働き、副交感神経は,主に休息したときなどのリラックスした状態のときに働きます。

交感神経と副交感神経はシーソーの様に1日を通しリズムに合わせて交互に働きます。どちらかが優位であれば良いというものではなく、適切なバランスが大事になります。但し、自律神経のバランスは受けるストレスや環境の変化によって乱れやすくなります。

忙しかったり眠れなかったり、と体に負担がかかる生活を続けているとうまく自律神経のバランスが乱れ、全身にさまざまな不快症状が表れることがあります。

 

■自律神経の乱れが原因で起こる疾患

自律神経失調症

自律神経の乱れから、不安や緊張感が高まり、吐き気や多汗、不眠、倦怠感、めまい、動悸など様々な症状が出る病気です。

神経性胃炎

自律神経は胃腸など臓器にも影響を及ぼします。胃酸の過剰分泌により胃痛や胸やけなどの症状が起こります。

過敏性腸症候群

神経性胃炎と同じように、腸の蠕動運動に異常が生じて腹痛が起こったり下痢や便秘など便通が乱れる症状です。

メニエール病

ストレスなどが原因で内耳のリンパ液に異常が生じてめまいや難聴、耳鳴りなどの症状が起こります。

過呼吸症候群

過剰な精神的ストレスにより自律神経が乱れると、突然浅く早い呼吸を繰り返してしまいます。動悸や息苦しさ手足の痺れや筋肉のこわばりなどの症状が起こります。

 

※上記の疾患は一例です。どのように症状が出てくるかは人によって差があり、また病院で検査を受けても胃や肺などには直接の原因が見つからないと言われることが多いです。

 

■自律神経が乱れる原因 

ストレスや疲労

現代人に多くストレスや疲労による緊張状態が長く続くと交感神経が優位になりすぎ自律神経が乱れてしまいます。

性格や素質

神経質な方、こだわりが強い方、自分に厳しい方、心配性、他人を気遣いすぎる方、小さな物事でも気になる方、体のちょっとした不調に対して過度に心配してしまう方はストレスを受けやすく自律神経が乱れやすくなります。

不規則な生活

昼夜逆転や夜更かし、不規則な食生活などが原因で自律神経が乱れやすくなります。

自律神経を乱れさせる疾患

 更年期障害などの疾患が原因でホルモンバランスだけではなく自律神経も乱れさせます。

 

■日常生活で出来る対策方法

ストレスに対して強くなる

なにかとストレスが多い現代社会ですがストレスを避ける為に外出しない、他人と接しないばかりでは副交感神経が優位になり過ぎます。結果自律神経が乱れ、やる気が減退しうつ傾向になりやすいです。よって自分に刺激を与えつつメリハリある生活のほうが自律神経は整いやすいです。そしてストレスを深く考え込まず、逆境をチャンスと捉えるなど考え方を変えることでストレスに対して強くなれます。

 

ストレス発散方法を見つける

適度なストレスは必要であり、そのお陰で自律神経のバランスは整いやすくなります。しかしストレスばかりをため込んでしまうと精神的にも辛いものです。自律神経は「反射的、自動的に働く神経」とご説明しましたが、自分の行動次第で副交感神経をコントロールすることもできます。例えば、好きな音楽を聴く、お風呂にゆっくり浸かる、運動して汗をかく、食事を摂る、ストレッチ、睡眠などの行動は全て副交感神経を優位にしてくれます。ストレスが溜まっているな・・・と思ったときは自分が一番リラックスできる方法を見つけて、うまくストレスを発散し、ため込まないようにしましょう。

 

ライフスタイルを見直す

私たちの生活は、主に食事、睡眠、休養、労働(勉強)、運動の5つで構成されており、これらが毎日規則正しく行われていれば生活リズムが整われると言われております。リズムなので時間が重要となります。なるべく一定の時間に食事を摂られ、一定の時間に寝て起きるということです。夜間勤務やシフト制などお仕事上、どうしても難しい方もいらっしゃると思いますが、自律神経の乱れより様々な症状が出てお辛い方はライフスタイルを見直されることも重要です。

 

■自律神経の乱れを整える漢方対策

東洋医学からみた自律神経とは

自律神経は東洋医学でいいますと「気の巡り」に似ております。気の巡りが滞ることを「気滞」と言いますが、例えば肩コリ、ほてり、末端の冷え、喉の違和感(異物感)、腹部の張り(ガスがよく出る)、生理不順、便秘と下痢を繰り返す、イライラなどは気滞の症状です。気になる方は気の巡りが滞っている可能性がございます。

ちなみに自律神経を五臓で分けると交感神経は「心・肺」、副交感神経は「肝・脾・腎」となり、どちらかが過剰に働き過ぎる事で身体的な症状が出やすくなります。

 

対策方法

まずは症状や体質などをお伺いさせていただき、気・血・水が不足していないか、過剰になっていないか、また滞りなく巡っているかなどを確認致します。特に自律神経系の場合は「気滞」という症状を主に持たれておりますので、「理気剤(理気薬)」と言いまして気の滞りを解消する漢方を選びます。代表的な「理気剤」は半夏厚朴湯、加味逍遥散、柴胡加竜骨牡蛎湯、抑肝散加陳皮半夏、加味帰脾湯などです。漢方は症状や体質によって服用するお薬がことなりますので、ご相談できるところでのご購入がおすすめです。

効果は?

病院での服薬治療の場合、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬、抗てんかん薬などです。ご体調によっては病院のお薬の服用が必要な場合もございますが、このようなお薬は副作用と依存性が付きもので、根本的な解決には繋がりません。反対に漢方の場合は、どちらか一方に対してだけ働くのではなく、バランスを整えてくれるので自律神経の乱れ(アンバランス)を改善するのは得意分野と言えます。

自律神経のバランスが整うことで結果不快な症状が緩和・改善につながると思います。

 

■まとめ

今の時代、ストレスを無くす、回避する事は不可能に近いです。誰しもが生活していく上で会社や家庭、お金、将来、天気(特に雨や湿度)、空気の汚れ、色々な事が原因になり、ストレスを受けて生活しています。ただ、真正面からこのストレスを受け止めてしまうとご自身の体がもちません。いかに、溜め込まないか、発散させていくかが重要になります。まずはお食事や睡眠(休養)、生活習慣、運動、ストレス発散などライフスタイルを見直してみてください。それだけでも症状の改善につながる方も多いです。それでもなかなか改善が見られないという方は、漢方薬をご検討されることをおすすめします。弊社では同じお悩みの患者さまからご相談を多くいただいております。一人で悩んでいる方は、よろしければ一度ご相談ください。

ご相談は下記のリンクからお願いいたします。

様々な病気の症状や原因、漢方の相談サイト『相談堂』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

薬剤師 中尾典義

代表取締役社長榎屋相談薬舗㈱
薬剤師免許取得。吉富製薬㈱東京研究所 研究員に従事。その後、病院の薬剤師として臨床経験を積む。1995年家業である薬局を継ぎ榎屋相談薬舗㈱を設立。現在では元NPO日本抗老化医学会 実践指導士 ・(社)日本漢方連盟 漢方委員・ミス・ユニバース ジャパン 鹿児島 認定漢方講師など複数の肩書を持ち、多方面で活躍する。

-ニュースの解説

Copyright© 榎屋相談薬舗㈱公式ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.