ニュースの解説

何度も繰り返す子供,大人の中耳炎の体質改善法

更新日:

中耳炎とは

耳の構造は大きく分けると「外耳」「中耳」「内耳」となります。この「中耳」の部分に細菌やカビなどが感染して炎症が起きたり、液体がたまる病気が中耳炎です。誰でも起こる可能性のある病気ですが、とくに小さなお子様に多く、5~6歳までに8割程度が罹ると言われております。

中耳炎の症状は

☑耳が痛い、気になる
☑熱が出る
☑音が聞こえにくい
☑耳から汁が出る

中耳炎の種類と原因

急性中耳炎

最も一般的な中耳炎です。子どもに多くみられます。細菌が中耳に入り、急性の炎症を起こしている状態です。主な症状は発熱、耳の痛み、鼓膜の腫れなどです。急性なので抗生物質、抗炎症剤の投与で数日で症状は治まりますが、なかなか治らず長引いた場合は症状が悪化する場合もございます。急性中耳炎の治療は原因となる鼻・副鼻腔炎や咽頭炎の治療しなくていけない場合があります。

最近は抗生剤がききにくい耐性菌による急性中耳炎が増えています。重症化し乳突洞炎を起こしてしまうと、点滴治療や手術治療が必要なことがあります。

滲出性中耳炎

急性中耳炎が治りきらずに、中耳の鼓室(鼓膜と内耳の間にある空洞)に滲出液といわれる液体が溜まった状態です。痛みや発熱の症状は少なく、難聴を訴える方が多いです。

軽い場合は1ヶ月ほどで治まりますが、時間がかかる場合もよくあります。
子どもや高齢者に多くみられます。

慢性中耳炎

急性中耳炎や滲出性中耳炎が治らず、炎症が慢性化している状態です。耳だれ(鼓室に膿がたまり、炎症により鼓膜が破れて外へ流れ出る症状)や難聴などの症状が起こります。また肉芽(にくげ)と呼ばれる線維組織や鼓膜の表面に細胞が増殖してかたまりが出来ることもあります。

このかたまりを放置してしまうと耳小骨が溶けて重篤な難聴やめまいに繋がるため、手術で取り除く必要があります。

中耳炎の検査方法

細菌・真菌検査

耳だれや中耳の膿から原因菌の種類を調べます。細長い綿棒を使用します。

聴力検査

難聴があるかどうかを調べる検査です。鼓膜の状態や中耳炎の程度も分かります。

レントゲン検査

顔のレントゲンを撮影し、炎症が耳の奥まで広がっているかどうかを調べます。

ティンパノメトリー検査

測定器を使って、鼓膜の動きを調べる検査です。外耳の気圧を連続的に変化させながら鼓膜の振動のしやすさを曲線で記録します。滲出性中耳炎でよく使われます。

中耳炎の病院治療

投薬

痛みのある急性中耳炎の場合は、痛みを抑える解熱鎮痛剤と細菌の活動を抑える抗生物質を病状に応じて組み合わせて使用します。蓄膿症(副鼻腔炎)やその他アレルギーによって中耳炎を繰り返しやすい方は、上記の対策に加えて抗アレルギー剤などを用いることもあります。また飲み薬のほか、耳の中に直接入れる点耳薬などもあります。

切開(吸引)

中耳に溜まった膿が多い場合や、滲出液が溜まってしまう滲出性中耳炎がなかなか治癒しない時は鼓膜をわずかに切開し、そこから膿や浸出液を吸いだす処置を行います。鼓膜は再生力が強いため、炎症が収まれば数日程度で切開部分はふさがっていきます。

チューブ留置療法

切開・吸引の処置をしても中耳炎を繰り返す場合は、鼓膜に小さな穴をあけてシリコン製のチューブを挿入し、膿や滲出液を排出しやすくして中耳の粘膜の回復を促していきます。日帰りで処置ができるところも多く、鼓膜がふさがって中耳の圧力が下がったままの状態に比べ、抗菌剤などの薬の量を減らしていけるというメリットがあります。入れたチューブは治癒とともに自然に抜けていき、(数か月~1年)またこの時に空いた鼓膜の穴もチューブが取れた時点から自然にふさがっていきます。

手術

中耳炎を繰り返すことで鼓膜に肉芽というかたまりができた場合、鼓膜の穴が空いたままになる場合(慢性単純性中耳炎)、鼓膜が中耳腔の壁と癒着してしまう場合(癒着性中耳炎)などは慢性中耳炎とされ、手術が選択されることもあります。

多く実施されているものとして鼓膜の穴をふさぐ「鼓膜形成術」と耳の外側から切開して内耳腔の中の病変を取り除く「鼓室形成術」があります。「鼓膜形成術」の場合は比較的手術時間も短く済むことが多いですが、「鼓室形成術」の場合は長くて2週間~3週間の入院が必要になることもあります。

日常生活で気を付けること

鼻をすすらない

鼻をかむことを面倒くさがり、頻繁に鼻をすすることで、鼻から耳へ菌が回ってしまい中耳炎の原因となります。鼻をこまめにかんで出来るだけ出してあげることが重要です。また、強くかむことで逆効果になることもありますので、ゆっくりと少しずつかむようにします。

風邪を引かないように免疫を高める

風邪の原因である細菌やウイルス感染することで、鼻の奥で細菌やウイルスが増殖します。その細菌やウイルスが耳管を通して中耳腔に行ってしまい中耳炎を発症してしまいます。 また免疫力が弱い場合、カビが繁殖し、さらに悪化させる場合もあります。

その為、免疫力を高め風邪を引かないように栄養バランスの取れた食事や適度な運動を行い規則正しい生活習慣を送ることも重要です。

中耳炎の漢方対策

東洋医学的に見た原因

細菌や真菌に感染してしまうということは、体の免疫力、抵抗力が弱くなっているということです。免疫力は体温が低かったり、便秘や下痢、胃腸機能の低下など腸内環境が悪い場合は、免疫力が下がって、なかなか治りにくくなる場合があります。

また浸出液が出ている場合は、皮膚が再生しにくくなり、皮膚が再生しやすいような漢方薬や、浸出液を止めるような脳排出系の漢方薬などが有用です。

対策方法

〇原因である膿の排出や炎症を改善する

中耳炎はウィルスや細菌によって炎症が起こっていたり、膿がたまっているご状態です。滲出性中耳炎に関しましては水分の流れを良くしていく必要があります。現在のつらい症状を早く改善するためにもこれらの対策は重要です。

〇免疫力、抵抗力を向上させ、ウィルスや細菌に負けない身体づくり

本来人間には、細菌やウィルスから体を守る免疫機能というものがあります。この機能が何らかの原因で低下し、中耳炎につながっていると考えます。そのため免疫力を向上させることは重要です。漢方薬では免疫力の低下の原因によって服用する漢方が違ってきますが、お子さまの場合は特にもともと自身がもっている免疫力を高めていく生命エネルギーの働きを高める対策が必要です。

風邪がきっかけの場合は、体をできるだけ休めたり、胃腸の働きを助けることで身体の回復につながります。胃腸に負担になる冷たいものや、脂もの、甘いものなどはできるだけさけましょう。鼻の疾患に関しても同様ですが特に鼻の疾患を抱えた方は腸内環境が乱れている方が多いです。腸は免疫の6割を行っているといわれています。

腸内環境を整え、免疫力向上の要でもある乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維、発酵食品などもおすすめです

〇病院治療と上手に組み合わせる

病院での治療は細菌や真菌、ウィルスを抑えたり、炎症や痛みを抑えるなど即効性があります。辛い症状を早く改善するためにも病院での治療は大切です。しかし慢性的に起こる場合は、対処治療では届かない部分でもあり、同じような症状を繰り返すことも多いです。その時は、漢方薬などを組み合わせるといいと思います。

漢方の効果は

漢方薬を服用することで、痛みが軽減した、中耳炎になる頻度が減ってきたなど効果を感じる方もいます。また同時に風邪をひきにくくなった、鼻の症状が緩和したなど他にもよい変化が出てくる人も多いようです。今後いつまでも治らず、ご不安な方は漢方薬という選択肢もあると思います。

まとめ

急性中耳炎の場合は、抗生物質などで治る場合が大半です。

しかしながら何回も繰り返したり、慢性化したりする場合は、抗生剤などの駆除しても、耳の奥の細胞が弱っている場合は何回でも細菌感染を起こす場合があり、それが抗生物質が効かない耐性菌の場合は非常に治療が困難になりえます。

また真菌は耳の奥の浸出液を好み、真菌感染を広げてさらに治りにくくなっていきます。 慢性中耳炎の場合は、通常の治療を受けながら自分の免疫力を高めたり、皮膚が再生しやすい条件をつくったり、膿を排出しやすくする排膿系の漢方などを併用するといいと思われます。

中耳炎でお悩みの方は是非ご相談くださいませ。

ご相談は下記のリンクからお願いいたします。

様々な病気の症状や原因、漢方の相談サイト『相談堂』

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

薬剤師 中尾典義

代表取締役社長榎屋相談薬舗㈱
薬剤師免許取得。吉富製薬㈱東京研究所 研究員に従事。その後、病院の薬剤師として臨床経験を積む。1995年家業である薬局を継ぎ榎屋相談薬舗㈱を設立。現在では元NPO日本抗老化医学会 実践指導士 ・(社)日本漢方連盟 漢方委員・ミス・ユニバース ジャパン 鹿児島 認定漢方講師など複数の肩書を持ち、多方面で活躍する。

-ニュースの解説

Copyright© 榎屋相談薬舗㈱公式ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.