ニュースの解説

苦い・酸っぱい・気持ち悪い・・・急増している逆流性食道炎への対策方法

投稿日:

逆流性食道炎とは

 

逆流性食道炎とは、

消化途中の食物や胃酸が胃から食道へ逆流することにより、食道や喉に炎症を起こす症状です。

通常、食事を摂るとき以外、胃と食道の境目は「下部食道括約筋」という筋肉の働きで

キュッと引き締まっており、胃酸や食物が逆流しないように保たれています。

この筋肉が傷つけられたり、引き締める力が低下すると、逆流症状が起こりやすくなります。

 

逆流性食道炎の症状

 

食道が胃酸の刺激によって傷つけられることで、

胸から喉、口腔にかけて痛みや違和感が出る方が多いです。

中には検査をしても炎症などはっきりとした原因が見つからないのに下記のような症状が出る方がいます。

その場合は「機能性ディスペプシア(※1)」という胃腸の機能低下による疾患である場合もあります。

 

・胸やけがする、胸が痛む

・ゲップが増える

・喉が痛い、詰まったような違和感がある

・咳が長引く、痰が出る

・口の中が酸っぱい、苦い(呑酸)

・口内炎ができる

・胃痛や胃もたれを起こしやすい

・食欲がない、少量で満腹になる

・お腹が張る(腹部膨満感)

・便通が悪い(便秘、下痢)

・バレット食道化(※2)を起こす

 

※1機能性ディスペプシア

検査をしても炎症や潰瘍などの直接的な原因は見当たらないが、

胃もたれや胃痛、消化不良、逆流などの症状がある状態。

原因は人によってさまざまで、ストレスが原因であったり、

もともとの胃の形状が原因であったりします。

 

※2バレット食道

胃酸の逆流等により食道への刺激が続くことで、

下部食道の粘膜細胞が変性し、胃粘膜に近い細胞粘膜に置き換わった状態。

食道がんの原因になりやすいため、定期的な検査が必要になります。

 

逆流性食道炎の原因

臓器を動かす筋力の低下

 加齢に伴う筋力低下のほか、

疲労やストレスの多い生活を送っていたり、

暴飲暴食によって胃の筋肉が引き伸ばされたり、

運動不足の状態が続くと運動能力の低下と共に体内の臓器を動かす筋力も低下します。

そのため、胃の内容物を腸に降ろす蠕動運動が起こりづらくなったり、

胃の入り口を引き締める「下部食道括約筋」の力が落ち、胃の内容物が逆流を起こしやすくなります。

また、筋力が低下すると食道裂孔(胸部と腹部を隔てる横隔膜に開いた食道の通り道)から

胃の一部がはみ出してしまう「食道裂孔ヘルニア」も起こりやすくなり、これによっても逆流が起こります。

 

胃酸が増える食生活

タンパク質や糖質、脂肪分の多い欧米型の食事を大量に摂る生活を続けていると

胃に負担がかかり、胃酸の分泌が過剰になっていきます。

また不規則な時間で食事を摂ることが増えると、1日を通しての胃酸の調節が難しくなり、

食事時以外にも胃酸がこみ上げるなどの症状が出る方もいます。

 

姿勢の悪さ(腹圧の上昇)

胃が外部からの圧力を受け、お腹の中の圧力が高くなることでも逆流は起きます。

背を曲げた猫背の姿勢が長く続くことで胃が折り曲げられた状態になり、

内部の圧力が上がることによって胃の中身が物理的に逆流しやすくなります。

また、重いものを持ったり、前屈みの姿勢になることが多い方などは腹圧が高くなる傾向があります。

 

逆流性食道炎の一般的な治療

生活・食事指導

 

症状が軽度であれば、食事や生活の内容を見直します。

猫背や前屈みなどの腹部に圧力がかかる姿勢をできるだけ避け、

食後はすぐ横にならないことで消化途中の食物が逆流することを防ぎます。

就寝時に症状が出る方は枕を高くして上半身を高くすると逆流が起きにくくなります。

また胃の負担を減らすため、食事量は腹八分におさめておきます。

アルコール・カフェイン・油物・甘いもの・脂肪分の多いもの・酸っぱいもの・辛いものは

胃酸の分泌量が多くなり、胃に刺激を与えやすいのでなるべく避け、

消化が良く、温かいものを取るように心がけます。

 

投薬治療

 

状態により、投薬治療がされる場合もあります。

 

・胃酸分泌抑制剤

H2ブロッカーやプロトンポンプ阻害剤とも呼ばれ、胃酸の分泌を抑えて逆流を抑えます。

例:オメプラゾール、パリエット、ネキシウム、タケキャブ 等

 

・制酸剤

胃酸を中和して刺激を軽減します。胃酸分泌抑制剤と併用して処方されることが多いです。

例:炭酸水素ナトリウム(重曹)、酸化マグネシウム 等

 

・消化管運動機能改善剤

副交感神経の働きを高め、胃腸の消化機能を助けます。

例:ガスモチン、アコファイド 等

 

逆流性食道炎の漢方対策

東洋医学的に見た原因

 

東洋医学では、胃腸を「脾」と表します。

「脾」は食べた物を徐々に消化しながらエネルギーに変え、

全身に降ろして循環させていく働きを担います。

この「脾」の働きが低下すると、食物を下に降ろす動きが充分に行われず、

行き場のなくなった消化液などが逆流を起こす原因ともなります。

この「脾」の働きを助けているのは「肝」です。

「肝」は筋肉や臓器の動きを支配する自律神経系の働きを表します。

ストレスが強くかかる生活が続いて「肝」の能力が低下したり、

生まれながらに「肝」の能力が高くなかったり、

加齢による衰えなどが加わると、同時に「脾」の働きも低下していきます。

 

対策方法

 

まずは正常な「脾」の働きを取り戻すため、

臓器を動かすエネルギーである「気」を補う対策を行います。

またそれを滞りなく体内にめぐらせていくため、

「肝」の機能低下(自律神経系の失調)の程度に合わせて機能回復の対策を取ります。

それぞれがどれほど低下しているか、またその他にどんな悩みがあるのかなど、

細かい部分で人それぞれに合う漢方は違ってきます。

しっかりと体内を整え、「食べた物を下に降ろして消化する」働きを

取り戻していくことで不快な逆流症状は徐々に起こらなくなります。

 

漢方薬の効果は

 

漢方薬は、もともと胃腸に負担を与えにくい自然の生薬で作られているため、

胃腸に関わる疾患との相性が良いです。

また逆流性食道炎の場合は、胃腸だけが原因というわけではなく

自律神経系などの全身の状態低下からも引き起こされる症状です。

そのため、胃腸だけでなく全身の状態から快復・向上させていく漢方薬での対策は、

効率よく逆流性食道炎の症状改善に働きかけます。

 

まとめ

 

人間は、食べた物をエネルギーに変えて日々の生活を送る活力を生み出しています。

食べた物を消化していく胃腸が充分に働かないと、逆流性食道炎のみならず、

疲労や便通の悪化などさまざまな不快症状に繋がっていきます。

逆に言うと、胃腸がきちんと動くようになれば代謝が整い、

疲れや体調不良を起こしにくい体になっていきます。

ストレスや疲れ等で胃腸の調子が崩れやすい方は、

早めに対策をして胃腸を強くすることで予防と共に生活の質向上にも繋がっていきます。

気になる方は、ぜひ漢方対策をご検討くださいませ。

 

https://www.ookinaki.com/syokudouenn/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

薬剤師 中尾典義

代表取締役社長榎屋相談薬舗㈱
薬剤師免許取得。吉富製薬㈱東京研究所 研究員に従事。その後、病院の薬剤師として臨床経験を積む。1995年家業である薬局を継ぎ榎屋相談薬舗㈱を設立。現在では元NPO日本抗老化医学会 実践指導士 ・(社)日本漢方連盟 漢方委員・ミス・ユニバース ジャパン 鹿児島 認定漢方講師など複数の肩書を持ち、多方面で活躍する。

-ニュースの解説

Copyright© 榎屋相談薬舗㈱公式ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.