抗がん剤の情報 漢方対策

ガンと診断されたら

更新日:

十分な体力と免疫力

検査の結果「ガン」と診断されると、たいていの方は頭が真っ白になって、もうこの命もこれまでか…、何か助かる方法があるか…、自分はどうなるのか…家族は…、と色々な事が頭をよぎると思います。

「あなたはガンですから直ぐに入院して手術しましょう」 と言われると、頭の中はパニックになり、思考能力を一時的に失ってしまう。そんな話をいくつも聞いたことがあります。そして直ぐに入院し、ガン治療、手術をするというケースが一般的なようです。

ガン患者さんの家族の方もパニックになり、どうするのが一番良いのか、わからなくなります。でもガンになったからと言って、急に亡くなるわけではありません。落ち着くのは大変ですが、患者さんにとって一番良い治療の選択、患者さんの希望を聞いて、寄り添ってあげましょう。

まず今の状態で、治療ができるのかどうか、効果はどうか、先生にしっかり話を聞きましょう。そして手術や放射線、抗ガン剤治療の現代の三大医療は、ガン患者さんの負担を強いるものがあるということも忘れてはいけません。

三大医療の前提条件は、ガン患者さんの体に、副作用の強いガン治療法などに耐えうる力(体力と精神力)が充分にあるかどうか、す。

その力が弱いと、ガンだけでなくガン治療に負けてしまう可能性が高まることも考えられるのです。

ガンが発見された時には、すでにその人のガンに対する免疫は低下していることが考えられますから、この状態でガン手術を受けると、たとえ成功してもガンが再発する確率は高くなると思われます。また、この時点では発見されにくい大きさのガン細胞が、いくつかできている可能性も十分にあります。

ここで一番言いたい事は、

「ガンと診断されて、病院で治療を受ける時にも十分な体力と免疫力をつけておくことがとても重要」

だということです。

ガン治療の基本は「早期発見、早期治療」

『ガンは怖い』と感じるとは思いますが、事実を知るということはとても重要だと思います。なぜならガンに対して次の対策を打てるからです。

ガンに限らずどんな病気でも、何か異常を感じても、気のせいだろうということで検査や病院にも行かずに放っておくと「取り返しのつかない事態」になることがよくあります。ガン以外では脳梗塞が典型的な例とだ思います。

私(漢方薬剤師:中尾)の身内でもそういうことがありました。本人は「何か変だけど、俺がガンになるはずは無い。気のせいだろう」と言っていたのですが、検査の結果、ガンが見つかりました。
ガンは早期に対処した方が、当然のように治る確率が上がります。

ガン治療の基本は早期発見、早期治療。
そしてそれに対しての間違いのない早期対策・早期行動が大切です。

西洋・東洋両面の医学的考えと、今までの生活や気の持ち方を見直して、最善の方法を探れば良いと思いますし、この『ガンが身近になったら読むブログ』が少しでもその役目を果たせれば…と思っています。

癌に関するご相談は下記のリンクからお願い致します。

◎末期ガンを克服したい人に教えたい5つの例 - 相談堂

少しでも患者さまのお役に立てることがあればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

薬剤師 中尾典義

代表取締役社長榎屋相談薬舗㈱
薬剤師免許取得。吉富製薬㈱東京研究所 研究員に従事。その後、病院の薬剤師として臨床経験を積む。1995年家業である薬局を継ぎ榎屋相談薬舗㈱を設立。現在では元NPO日本抗老化医学会 実践指導士 ・(社)日本漢方連盟 漢方委員・ミス・ユニバース ジャパン 鹿児島 認定漢方講師など複数の肩書を持ち、多方面で活躍する。

-抗がん剤の情報, 漢方対策

Copyright© 榎屋相談薬舗㈱公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.